牧野高校硬式野球部 掲示板

65473
牧野高校硬式野球部 掲示板
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

第99回 全国高等学校野球選手権 大阪大会の抽選結果 - 牧野高校硬式野球部

2017/06/20 (Tue) 23:54:31

6月20日(火)に第99回 全国高等学校野球選手権 大阪大会の抽選会が行われました。

牧野高校は2回戦からの出場となります。

   1回戦  試合無し

   2回戦  7月18日(火)   vs  豊中高校 と 交野高校 の勝者
         
   [ 会場 ]  万博記念公園野球場( 吹田市千里万博公園1-1 )
          (http://www.expo70-park.jp/sports/facility/ball-stadium/)  

   [ 時間 ]  12時 試合開始

ご声援のほどよろしくお願いいたします。

「 Green street 」 49 - 牧野高校硬式野球部

2017/06/18 (Sun) 06:40:45

『 批判 』

何気ない自分の言動を「 批判 」されると、誰しもが自分の考え方や行動、自分自身の価値そのものを否定されているように感じてしまいます。
「 批判 」と同じような言葉として「 非難 」という言葉があります。
この2つの言葉の違いを知っているかどうかで個人として、チームとして成長できるかできないかが変わってくるものです。

       6月19日(月)  放課後 歯科大練習
       6月20日(火)  放課後 歯科大練習、選手権大会抽選会
       6月21日(水)  放課後 休み
       6月22日(木)  放課後 学校練習
       6月23日(金)  放課後 歯科大練習
       6月24日(土)  校外にて練習試合
       6月25日(日)  校外にて練習試合

辞書で2つの言葉を調べてみました。
『 批判 』
1 物事に検討を加えて、判定・評価すること。
     「 事の適否を―する 」
2 人の言動・仕事などの誤りや欠点を指摘し、正すべきであるとして論じること。
     「 周囲の―を受ける 」、「 政府を―する 」

『 非難 』
人の欠点や過失などを取り上げて責めること。
     「 不実な態度を―する 」

『 批判 』と『 非難 』を混同している者はただ単に自分の行動を否定されているとしか受け止めることができず、改善しようという気持ちになれません。

しかし、『 批判 』の言葉を理解しているものは、
物事に検討を加えて( 点差、アウトカウントなど公式戦を想定し )
判定・評価し( 結果オーライのプレー、正すべきプレーであった )
正すべきことがらとして論じる( どうすべきであったかを口に出して伝える )
ことができるので、自分に対する指摘を素直に受け入れることができると考えています。

『 批判 』することは嫌なことだと思われがちです。
相手を批判するためには自らの行動にも責任が問われます。
自分が批判されないように、相手に対しても批判しない風潮があることも事実です。

『 非難 』は言動に対する一方的な否定であるのに対し、『 批判 』は客観的に正すべき言動を指摘し、相手の成長を望む気持ちが含まれている。
だからこそ、チームメイトと向き合い、逃げずに『 批判 』できる練習の雰囲気、練習に対する意識を共有することが大切です。

夏の選手権開幕まで20日。
20日(火)には組み合わせ抽選会が行われ、試合日、会場が決まります。
今できること、伝えなければならないことを明確にし、日々の練習に邁進していきます。

「 Green street 」 48 - 牧野高校硬式野球部

2017/06/10 (Sat) 07:58:34

『 女子バスケットボール部 』

6月4日(日)に行われた第72回大阪高等学校総合体育大会バスケットボール大会において牧野高校女子バスケットボール部が7位に入賞し、近畿大会への初出場を決めました。

       6月12日(月)  午前中授業 放課後 歯科大練習
       6月13日(火)  放課後 休み
       6月14日(水)  午前中授業 放課後 歯科大練習
       6月15日(木)  放課後 歯科大練習
       6月16日(金)  放課後 歯科大練習
       6月17日(土)  校外にて練習試合
       6月18日(日)  校外にて練習試合

女子バスケットボール部の顧問の先生は「 クジが良かった 」と話されていましたが、それだけで近畿大会へ出場できるはずがありません。
ベスト8入りし、最後のリーグ戦で勝った方が近畿大会という大一番をものにした女子バスケットボール部にはどのような特徴があるのかまとめてみました。
   
    ・ クラブでの取り組みと授業などの学校生活での二面性がない。
    ・ 勉強とクラブの両立を果たし、学業でも結果を残している。
    ・ 自分から挨拶がしっかりとできる。笑顔で受け答えすることができる。
    ・ 校内、校外の清掃活動を行い、環境整備にこだわりをもっている。

まだまだ書ききれないほどたくさんの特徴がありますが、女子バスケットボールは間違いなく誰もが応援したくなるクラブです。

二面性が無い者はここ一番のピンチでも平常心でプレーができ、大きなミスをしないので結果的に大きなビッグプレーを生み出すことができる。

勉強などしんどいことでも頑張ることができる者はトレーニングやプレッシャーがかかる練習でも逃げ出さずやりきることができるので、公式戦という精神的にしんどくプレッシャーのかかる場面でも普段通りのプレーができる。

自分から挨拶ができる者は常に周りがどのような状況か広い視野をもっている。自分の気持ちが沈んでいてもパッと笑顔で対応できる習慣をもっていればピンチでも前向きな表情、感情を生み出すことができる。

清掃活動をすればバスケットボールが上手くなるわけではありませんが、みんなが気持ちよく過ごせるようにという想いで行う清掃活動はどのような試合状況でも「 みんなのために 」できることをやりきる根本的な精神力を培うことができる。

どれも個人的な解釈でありますが、クラブを運営していくうえで大切にしなければならない概念です。
野球部の生徒にも常々これらのことを伝えています。

夏の選手権開幕まで28日。
身体的な能力、技術力だけで勝負が決するわけではありません。
一般的に言われる「 メンタル 」をどれだけコントロールできるかが夏の結果を大きく左右すると考えています。
日々の何気ない所作が「 メンタル 」のバロメーター。
「 メンタル 」で自分たちの力を落とすことが無いよう日々の練習に邁進していきます。

「 Green street 」 47 - 牧野高校硬式野球部

2017/06/04 (Sun) 06:15:50

『 減点法 』

6月に入り、夏の選手権まで残すところ1ヶ月になりました。
この時期になると、毎年同じようなある話をします。

       6月 5日(月)  放課後 歯科大練習
       6月 6日(火)  創立記念日 歯科大練習
       6月 7日(水)  放課後 休み
       6月 8日(木)  放課後 学校練習
       6月 9日(金)  放課後 歯科大練習
       6月10日(土)  校外にて練習試合
       6月11日(日)  校外にて練習試合

それは「 個々の能力 」、「 チーム力 」は減点法によって決められるという話です。
これからの1ヶ月で急に140km/hの速球を投げることができるようになったり、打率が1割、2割アップすることは実質不可能です。

個々人の能力の成長幅にはある程度の限界があり、1年生として入学してきてから、3年の夏の選手権までの約830日間でどれだけ伸びるかの伸びしろも個々人の能力によって成長幅に差があることも事実です。

しかし、残り約30日です。この30日の間に成長できる幅も決まっています。
だからこそ、残りの日々は毎日が「 減点法 」になるのです。
練習時に何をできるようにするために練習するのか、
チームの戦術として何を徹底して練習するのか、
1日、1分、1球毎に「 やろうとしなければ 」減点が繰り返されていくのです。

可能性を信じ、ボールに飛びついてでも捕球しにいこうとするかしないかは確実に減点法の対象です。
捕れるかもしれないのに飛びつかなかった時点で球際の力は伸びません。
可能性を信じ、1塁まで全力疾走するかしないも確実に減点法の対象です。
たった27.431mのダッシュを少しでも力を抜いて走った時点で夏の土壇場でのタイムリー内野安打は生まれません。
可能性を信じ、確実にタッチアウトにできるコースにボールを投げようとするかしないかも減点法の対象です。
キャッチボールで自分の思ったところに強い球を投げることができなければ守れる1点も守れません。

強豪校がなぜ8回、9回の大逆転勝利をつかみ取るのか、全てこの「 減点法 」に集約されていると考えています。
1年生として入学してきてきたときからほとんど減点が無いチームが強豪校。
過ぎた時間は帰ってきません。あの時、もっと努力していればという話は引退してから話せばいいことです。

今は残された時間の「 減点 」を少なくすることだけに集中すべきです。
夏の選手権開幕まで34日。
「 減点 」を減らし、チームの力、個々人の力を最大限に引き出すことができるよう練習に邁進していきます。

「 Green street 」 46 - 牧野高校硬式野球部

2017/05/28 (Sun) 07:23:38

『 繋がり 』

24日(水)に中間考査が終わり、全体練習が再開されました。
今月は牧野高校野球部が様々な方々に支えてもらっているという「 繋がり 」を感じる1ヶ月となりました。

       5月29日(月)  放課後 学校練習
       5月30日(火)  放課後 学校練習
       5月31日(水)  第42回 体育祭
       6月 1日(木)  放課後 歯科大練習
       6月 2日(金)  放課後 歯科大練習
       6月 3日(土)  校外にて練習試合
       6月 4日(日)  校外にて練習試合

10日(水)に牧野高校野球部OB会から「 L字ネット 」2台と練習試合球2ダースを購入していただきました。
17日(火)には大阪の高校球児のためにと大阪府高等学校野球連盟へ寄贈していただいたNPB使用済みボール(5ダース)を寄付していただきました。
25日(木)からは教育実習が始まり、牧野高校野球部36期生のOB・OGが母校に帰ってきてくれました。
27日(土)には保護者会の総会が行われ、用具や歯科大グラウンドの確保など様々な面で引き続きご支援していただけることになりました。

先日の歯科大練習では、36期生の教育実習生とともに保護者会の方々に確保していただいている歯科大グラウンドでOB会に寄贈していただいたL字ネット、大阪府高校野球連盟へ寄贈していただいた60球のボールを利用し、打撃練習を行いました。

打撃練習。
漢字4文字で表されるどこの高校でも当たり前にしている練習ですが、この日ばかりは保護者の方々やOB・OGの方々、そして大阪の高校球児のために尽力されている大阪府高校野球連盟の方々との繋がりを感じながらの練習になりました。

現役の部員、マネージャーにこの想いがどこまで届いているか。
年齢と経験を重ねなければなかなか届かない想いかもしれませんが、日頃の練習にどれだけの人がかかわり、牧野高校野球部の動向に注目していただいているかを伝え続けなければならないと感じています。

牧野高校野球部OB会の皆さま、牧野高校野球部保護者会の皆さまにこの場をお借りして改めて御礼申し上げます。
球場で共に牧野高校の校歌を歌うことができるよう日々の練習に邁進していきます。

夏の選手権大会開幕まで41日。
時間は限られていますが、チームの戦術、約束事を日々確認し、チーム力を高めていきます。

「 Green street 」 45 - 牧野高校硬式野球部

2017/05/22 (Mon) 05:47:47

『 知識 』

考査期間中の勉強は基本しんどいものです。ほとんどの生徒が嫌がります。
しかし、「 勉強が楽しい 」と思うことができる生徒もいます。
なぜ「 楽しい 」と思うことができるのでしょうか?

       5月22日(月)  中間考査3日目 個人練習
       5月23日(火)  中間考査4日目 個人練習
       5月23日(水)  中間考査5日目 歯科大練習
       5月24日(木)  放課後 学校練習
       5月25日(金)  代休 歯科大練習
       5月26日(土)  学校練習
       5月27日(日)  校外にて練習試合

今年は3年生の演習科目を担当しています。
様々な大学の過去問を中心に授業を進めていくのですが、応用力を養うためには様々な角度から問題をとらえ、別解や補足事項などについてもかなりのスピードで解説していかなければなりません。

当たり前のことですが、基礎知識がない生徒にとっては何について問われているのか、どの部分が応用なのか、補足事項は問題のどの部分とつながっているのかなど「 わからない 」ことが授業の大半を占めてしまいます。

一方、基礎知識がある生徒( 事前に出される3問の基礎知識確認問題の課題をしてきている生徒 )は「 なるほど 」、「 そんなんあったなぁ 」、「 へぇ、そんなつながりがあったんや 」など自分の知識の再確認や知識の幅の広がりを感じながら授業を受けることができます。

結局のところ、「 知識があるかないか 」で勉強のおもしろさは決まると言っても過言ではありません。

裏を返せば楽しくない状況を脱するためには、まずは知識を身に着け、「 なるほど 」、「 ほんまや、こうなるわ 」という体験を数多く経験できるようにしていかなければならないのです。

野球も全く同じです。
プレーができなければ楽しくないのは当たり前です。
できるようになれば、楽しい。
試合に勝てるようになれば楽しい。

楽しいと感じるためには、どうすればいいか。
野球のプレー、練習、トレーニングに関する「 知識 」を深め、「 できた! 」という経験を繰り返していくことが最短の近道だと考えています。

水曜日の24日(水)より全体練習を再開します。
夏の選手権大会開幕まで47日。
一日一日の時間を大切に、現チームの持ち味を最大限に引き出すことができるよう練習に邁進していきます。

「 Green street 」 44 - 牧野高校硬式野球部

2017/05/14 (Sun) 05:50:44

『 女子バスケットボール部 』

5月13日(土)に第72回大阪高等学校総合体育大会バスケットボール大会において牧野高校女子バスケットボール部が60-44で賢明学院に勝利し、ベスト8進出を決めました。
近畿大会へはベスト8のうち7校が出場できます。
女子バスケットボール部にとっては価値ある大きな1勝になったことは間違いありません。

       5月15日(月)  放課後 個人練習
       5月16日(火)  放課後 個人練習
       5月17日(水)  放課後 個人練習
       5月18日(木)  午前中授業 個人練習
       5月19日(金)  中間考査1日目 個人練習
       5月20日(土)  中間考査2日目 個人練習
       5月21日(日)  中間考査中のため自宅学習

女子バスケットボール部がベスト16に進出した時、野球部のミーティングで女子バスケットボール部のベスト16進出を聞いてどう思うかを部員、マネージャーに問いかけました。

女子バスケットボール部は毎日の朝練習を欠かさず、校内外の清掃活動や校門での挨拶運動など牧野高校の模範となるクラブの1つです。
体育館の割り当てがない日は体育館で練習しているクラブが終わるまで物理講義室で勉強をし、
必ずバスケットボールを手にして毎日練習しています。

「 女バスの取り組みの成果だと思います 」、「 すごいと思います 」という返答がある中、
ある3年生の部員がこう言いました。
「 悔しいです 」。

正直な感想だと思いました。
自分たちは春の初戦で敗れ、一方同じ牧野高校の女子バスケットボール部は躍進を遂げている。
その姿を見て指をくわえて「 すごいなぁ 」だけで終わらせたくない。
今度は自分たちが主役となって夏に輝きたい。

そんな想いが「 悔しいです 」という短い言葉に込められていたのではないかと感じています。

12日(金)から放課後は個人練習に切り替わりました。
これまでになく、全員が意欲的に取り組んでいる姿が見られます。

牧野高校は生活指導部から毎月月間目標が提示されています。
5月の月間目標の説明文の中に次のような言葉が書かれていました。
『 牧高は 共に頑張る 友がいる 』

今こそ、部員31名、マネージャー4名がチームとして動き、共に切磋琢磨しながら互いを高めあっていくときです。

夏の選手権大会開幕まで55日。
考査最終日の24日(水)まで一番に優先しなければならないことは勉強です。
何事にも妥協しない姿勢を考査期間でさらに磨いて欲しいと願います。

「 Green street 」 43 - 牧野高校硬式野球部

2017/05/07 (Sun) 03:25:18

『 本気 』

ゴールデンウイークが終われば中間考査1週間前の週に入ります。
夏の選手権大会までに予定されている練習試合は残り9日(18試合)となりました。
「 自分の評価は他人が決める 」という言葉がありますが、プロ野球界の名将と言われる野村克也氏は自身の著書『ノムラの教え 弱者の戦略99の名言 』で以下のような言葉を残しています。

       5月 8日(月)  放課後 学校練習
       5月 9日(火)  放課後 歯科大練習
       5月10日(水)  放課後 学校練習
       5月11日(木)  放課後 歯科大練習
       5月12日(金)  放課後 個人練習
       5月13日(土)  中間考査前のため自宅学習
       5月14日(日)  中間考査前のため自宅学習

人間という生き物は、自己愛で生きている。
誰しも自分がいちばんかわいい。
したがって、自分に対する評価はどうしても甘くなりがちだ。
「 自分はすごくがんばっている 」、「 こんなに大きな成果をあげた 」と自分をほめてやりたくなる。
けれども他人もそう思ってくれなければ、それはたんなる自己満足にしかならない。
言い換えれば「 人間の価値は他人が決める 」のである。
他人の評価こそが正しいのだ。

自分の評価が正しいと信じ込んでしまえば、自分を甘やかし、低いレベルでの妥協を生む。

評価されない原因を「 見る目がないあいつが悪い 」と自分ではなく他人に求めるようになる。
それではひがみ根性だけが増大し、何の成長ももたらさない。

そうならないためには、評価は他人がするものだと肝に銘じるとともに「 自分はまだまだ 」とつねに自戒することだ。
そうすれば、おのずと他人の評価も上がるはずである。

チームの形が見え始め、確実にステップアップしていることは間違いありません。
その中でバッテリーの課題、守備での課題、攻撃での課題、走塁での課題、ベンチワークの課題など挙げるときりがありませんが、やるべきことは明確に示しています。
あとはその課題を「 やりきる 」がどうか。
突き詰めれば『 本気 』で自分が牧野の一桁番号を背負って試合に出ることを目指しているのか、夏の選手権での勝利を目指しているかどうかです。

『 本気 』という無形のものを相手に明確に伝えることは難しいものです。
しかし、日常生活において挨拶、清掃、話を聞く姿勢、整理整頓などパッと見て『 本気 』かどうかがすぐわかるものが多いことも事実です。

夏の選手権大会開幕まで62日。
部員、マネージャーの『 本気 』が明確に伝わり始めれば課題はドミノ倒しのようにクリアできるものです。
中間考査までの練習は『 本気 』が相手に伝わるまで「 やりきる 」ことを課題として練習に邁進していきます。

P.S
1年生(42期生)が練習試合に初出場し、高校球児としてのスタートラインに立ちました。
これからどのようなドラマを作り上げてくれるか楽しみです。

「 Green street 」 42 - 牧野高校硬式野球部

2017/04/29 (Sat) 20:03:05

『 きっかけ 』

最上級生となる40期生の集大成となる選手権大会開幕まで残すところ70日。
本日の春季大会での敗戦をどのように受け止め、どのように活かしていくか。
チーム作りの真価が問われる70日になりそうです。

       5月 1日(月)  放課後 休み
       5月 2日(火)  放課後 歯科大練習
       5月 3日(水)  校外にて練習試合
       5月 4日(木)  歯科大練習
       5月 5日(金)  校外にて練習試合
       5月 6日(土)  校外にて練習試合
       5月 7日(日)  休み

70日でできる練習量は限られています。
急激な伸びしろは正直期待できないかもしれません。
しかし、高校生は驚くほどのスピードで進化を遂げることがあるのも事実です。

今日の試合をきっかけにチームの意識が変わることを期待します。
意識が変われば行動が変わり、行動が変われば結果が変わります。

何かが動き始めた気がします。
生徒の力を信じ、生徒の力を最大限引き出すことができるよう日々の練習に邁進していきます。

春季大会 1回戦結果 - 牧野高校硬式野球部

2017/04/29 (Sat) 20:00:36

4月29日(土)に東海大仰星高校グラウンドで春季大会2回戦が行われました。

    牧 野      200 001 100  |4
   東海大仰星   032 500 00ⅹ  |10

昨年の夏のリベンジを果たすべく、プレイボールの合図からベンチは活気と気力に溢れていました。
その想いが通じたのか、初回はバントヒットなどで無死満塁のチャンスを作り、5番打者のタイムリーなどで2点を先制します。

しかし、2回は点につながる失策、3回、4回はともに先頭打者での失策が引き金となり序盤で8点差をつけられる苦しい試合展開となりました。

点差が開いた状態にはなりましたが、試合に臨むにあたってのチームとしての約束事を徹底し、5回以降は粘りと意地を見せてくれました。

特に7回の表、1点をとらなければ試合が終わってしまうという状況の中、タイムリーヒットでホームに帰ってきたのは指の怪我のため代走のみの出場となったキャプテン。

この7回の1点は代打安打を皮切りに最上級生となる40期生5人の攻撃で奪った1点であり、その想いが7回、8回の守りにつながったことは間違いありません。

9回も2アウトから1,2塁のチャンスを作り、最後の最後まで粘りを見せてくれました。

安打数は同じ8本ずつ。
守備でリズムを作るという基本から鍛えなおしていかなければならないことは明白ですが、一筋の光が見えたことも確かです。

最後になりましたが朝早くから応援にかけてつけていただいた保護者のみなさま、OB ・OGのみなさまにこの場をお借りして改めて厚く感謝申し上げます。ありがとうございました。

たくさんの激励のお言葉をいただいたのにもかかわらずご期待にこたえることができず申し訳ありません。
   
夏の選手権開幕まで70日。
新たに加わった42期生を含めた部員31名、マネージャー4名とともに練習に邁進していきます。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.